【四季折々】十五夜について【しげよし】

2021/09/07

■2021年の「十五夜」は、9月21日(火)

季節はもう秋。お月様が美しい時期になってきました。
秋のお月さまといえば、「十五夜」。
十五夜とは、1年のうちで最も美しいとされている「中秋の名月」を鑑賞しながら、収穫などに感謝をする日です。「中秋」とは、その名のとおり、「秋の真ん中」の意味。
かつて使われていた旧暦では、秋は7月から9月で、8月の15日ごろが中秋の名月と位置付けられていました。

新暦は旧暦と1〜2か月のずれがあり、「9月7日から10月8日の間で満月の出る日」が十五夜ということになります。十五夜はその年によって異なり、2021年の十五夜は、
9月21日(火)です。

十五夜にお月見を行う風習は、平安時代に始まったといわれています。中国から日本に伝わり、当時の貴族たちは、月を眺めながらお酒を飲んだり、船に乗って詩歌や管弦を楽しんでいたそうです。

江戸時代になると、庶民の間にも十五夜の風習が広まりました。この頃から「収穫際」や「初穂際」といった意味合いが強くなり、「無事に稲を収穫できた喜びを分かち合い、感謝する日」と位置づけられるようになりました。

■十五夜のお供えものの意味を知っておこう

十五夜のお供えものいえば、お月見団子とススキ。
お月見団子は、お月さまと同じく丸い団子をお供えし、それを食べることで健康と幸せが得られると考えられています。
お月見団子はピラミッド型に積み上げされてお供えしますが、最上部を天に向けることで、収穫の感謝、祈願の気持ちを月まで届かせようという意味があります。

ススキは、茎の内部が空洞になっていることから、古くから「神様の依り代」と考えられてきました。そのため、悪霊や災いなどから収穫物を守り、翌年の豊作を願う意味がこめられています。
十五夜の日は花瓶などに入れて窓辺に飾りますが、地域によっては十五夜が終わってもススキは捨てず、庭や水田に立てたり軒先に吊るしたりして田畑や家を守る風習が、今でも残っています。
お月見団子やススキに加え、旬の野菜や果物である里いもやさつまいも、ぶどうなどを
お供えする地域もあるようです。

■「十五夜」以外にもあるお月見の時期〜「十三夜」「十日夜」

「十五夜」以外にも、お月見の時期があること、知っていますか?
それは、「十三夜」と「十日夜」(とおかんや)です。
十三夜とは、旧暦9月13日のお月見のことで、十五夜のあとにめぐってくる日。2021年の十三夜は、10月18日(月)です。
「十日夜」は、旧暦10月10日に行われた収穫祭のことをさし、2021年の十日夜は、11月14日(日)です。

十五夜と並んで満月のお月見が楽しめる「十三夜」「十日夜」も合わせて、秋の夜長を楽しみましょう。